« ハードとソフト | トップページ | うまく行くまでやるという気持ち »

2012年4月 1日 (日)

事業計画書なんていらないという人

事業計画書の作成をお勧めしたときに「必要ない」といわれる場合、計画書を作成するなどが苦手なケースと本当にいらないと思っているケースがあります。

本当にいらないと思っているケースでは、確かに計画を作らなくても事業がうまく回っています。事業の計画は経営者の頭の中で組み立てられていて、整合性が取れていたりします。

しかし、順調だからこそ、経営者が考えている事業のステップをスタッフが理解できておらず、少しずつ歯車が狂うこともあるのです。ある社長さんはスタッフの質について悩みを持っていましたが、実際にはスタッフが経営者の考え方を理解できていないことが大きな要因になっていました。能力があっても、求められることが分らなければスタッフは力を発揮できないのです。

事業計画書は、社長とスタッフのコミュニケーションツールになります。必要がないと考える方も、ご自身の考えをスタッフに示す時間を十分に確保して欲しいと思うのです。

|

« ハードとソフト | トップページ | うまく行くまでやるという気持ち »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537954/54368517

この記事へのトラックバック一覧です: 事業計画書なんていらないという人:

« ハードとソフト | トップページ | うまく行くまでやるという気持ち »