« 新人研修で伸びる人伸びない人 | トップページ | 商店街の活動計画、大枠が決まってきました »

2012年4月 8日 (日)

収支計画が作れない時の対処法

「どうしても収支計画が作れない」というご相談があったので、お話を伺いながら簡単にアドバイスしました。相談時に暗い顔をしている方が明るい顔になるのは嬉しいですね。

事業の具体的なイメージが描けていれば、収支計画を作成するのはそう難しいことではありません。単に、収支計画だけであれば、コンサルタントなどにお願いして作成して貰っても構わないのです。客観的な視点で、不足することなどを指摘して貰えることはプラスになります。

事業の具体的なイメージが描けていない状態でスタートするのは危険です。進むべき方向性やビジョンを固めるのは経営者の重要な役割の一つです。コンサルタントに依頼する時も、丸投げしては意味がありません。「誰をどのように幸せにするのか」を明確にしていきましょう。

収支計画で苦労する方は、大抵は事業の具体的なイメージが描けていません。対処方法は様々ですが、「まずは動いてみること」をお勧めしています。出店予定の街を歩いてみる、通行量をカウントしてみる、アンケートを取る、テスト販売をしてみる、など、実際に動いてみることでイメージが具体的になってくるのです。

今回の相談でも、じっくりとお話を伺って、いくつか選択肢の可能性を一緒に考えました。どんな動きが考えられるか、迷ってしまう時には、気軽に我々のような支援者に相談をして欲しいと思うのです。

|

« 新人研修で伸びる人伸びない人 | トップページ | 商店街の活動計画、大枠が決まってきました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537954/54424887

この記事へのトラックバック一覧です: 収支計画が作れない時の対処法:

« 新人研修で伸びる人伸びない人 | トップページ | 商店街の活動計画、大枠が決まってきました »