« 未経験の業界で起業したい人へ | トップページ | 現在の自分に合った事業計画を作ろう »

2012年3月14日 (水)

起業にあたって融資を受けようとする方へ

以前に、融資が100%受けられる事業計画書作成支援を表に出していたこともあって、融資を受けるために事業計画のアドバイスを求めてくる方が多いです。

事業計画書を作り込んでいると、創業融資が受けられる確率は高くなります。しかし、融資を受けようとする前に、「融資を受ける理由」を改めて考えてみてみましょう。これが、「融資を受けないと事業がスタートできない」という理由だと、黄色信号です。

創業融資を受けて、据え置き期間中に黒字転換することが前提ですが、どうしても希望的な数値で考えがちです。今日、アドバイスした方には、理想・手堅い・厳しいの3パターンで考えることをお勧めしました。その上で、想定される資金繰りを考えたところ、運転資金が足りなくなるので、結局は事業計画を見直すことに。

資金調達の方法は融資以外にもあります。融資を受けようとする前に、厳しく考えた計画上でも返せるかどうか考えてみましょう。「融資=借金」という感覚を忘れないで欲しいと思うのです。

|

« 未経験の業界で起業したい人へ | トップページ | 現在の自分に合った事業計画を作ろう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537954/54223896

この記事へのトラックバック一覧です: 起業にあたって融資を受けようとする方へ:

« 未経験の業界で起業したい人へ | トップページ | 現在の自分に合った事業計画を作ろう »