« 起業を再考した方が良い人 | トップページ | シェフに学んだ大切なこと »

2012年3月24日 (土)

お店の存在を知ってもらうこと

お店をスタートした後、思った通りに集客できないという悩みがありますが、お話を聞いていると、『お店を知ってもらう』ということに力を注いでいないことが多いのです。

お店の前を人が通っていても、お店の存在に気付いているとは限りません。先日、伺ったお店でも、通行量がそれなりにあるので、お店の存在は認知されていると信じていました。ところが商店街の近くに長く住んでいる人でも、長く存在を知らなかったお店が意外とあります。つまり、『知ってもらう』ために様々なアクションを起こす必要があるのです。

起業に当たっては、お店を立ち上げることに手一杯で、オープンの告知は考えても、継続的な集客が計画から抜けていることがあります。

想定するお客様にとって価値があるサービスや商品を提供できることが前提ですが、事業計画を検討する段階から、お店の存在を知ってもらうためにどうするか、様々な角度から考えておいて欲しいと思うのです。

|

« 起業を再考した方が良い人 | トップページ | シェフに学んだ大切なこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537954/54299743

この記事へのトラックバック一覧です: お店の存在を知ってもらうこと:

« 起業を再考した方が良い人 | トップページ | シェフに学んだ大切なこと »