« 異なる視点からの意見を聴く | トップページ | アンケート分析 »

2012年3月 2日 (金)

お店の哲学を考える

事業改善計画について相談に乗っている時、「すぐに売上が上がるやり方を教えて下さい」と言われることが多いのですが、いろいろ提案をしたい気持ちをぐっとこらえて『お店の哲学』について問いかけをするようにしています。

『哲学』というと難しく聞こえますが、店主のこだわりやお店を続ける理由など、帰るべき原点のことを言っています。どうしても小手先のテクニックで集客をしようとしがちですが、それ以前に経営に関わる基本的な姿勢を確認しておくことが大切なのです。

今朝も、仕事をはじめた原点や理想について問いかけしている間に、オーナーが変なテンションで盛り上がってしまいました。やはり、夢や志はやる気を燃やすエネルギーのひとつなのです。

自分自身も、売上が伸びずに厳しい時はどうしても小手先のテクニックや目先の仕事に手を出したくなります。弱い一人の人間として、悩んでいるクライアントに寄りそって、一緒に考えられる自分でありたいなと思うのです。

|

« 異なる視点からの意見を聴く | トップページ | アンケート分析 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537954/54114720

この記事へのトラックバック一覧です: お店の哲学を考える:

« 異なる視点からの意見を聴く | トップページ | アンケート分析 »