« 起業にあたって融資を受けようとする方へ | トップページ | 自分に合った事業計画書作成へのアプローチをする »

2012年3月15日 (木)

現在の自分に合った事業計画を作ろう

事業計画書の相談で多いのが、創業塾で習ったり、事業計画の本に出てきたりするような、いわゆる「お手本」になるような事業計画書を作ろうとして挫折してしまったケースです。最初から事業計画書は『難しい』と考えているのです。

私からすれば、こんなに面白いものは無いのですが、ある種のトラウマになっている人もいるようです。

私がお伝えする時には、「自分のための事業計画書」「仲間のための事業計画書」「資金調達のための事業計画書」の3種類についてお話をしています。『難しい』と考えている人も、「自分のための事業計画書」ならできそうだと目を輝かせて帰って行きます。現在の自分にあった事業計画を考えると、しっくりと腹に落ちてくるようです。

収支計画をつくることが事業計画ではありません。『なにをやりたいのか』『誰を幸せにしたいのか』を自分と向き合って考えることが大切なのです。だからこそ、人任せにしないで自分で作って欲しいと思うのです。

|

« 起業にあたって融資を受けようとする方へ | トップページ | 自分に合った事業計画書作成へのアプローチをする »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537954/54228363

この記事へのトラックバック一覧です: 現在の自分に合った事業計画を作ろう:

« 起業にあたって融資を受けようとする方へ | トップページ | 自分に合った事業計画書作成へのアプローチをする »