« シェフに学んだ大切なこと | トップページ | チームコンサルティングの楽しみ »

2012年3月26日 (月)

直感と体験と理論のバランス

起業してからしばらくは順調に業績を伸ばしていても、事業を取り巻く環境が変化した時に対応できる会社と大きく落ち込んでなかなか浮上できない会社があります。

創業融資を受けた後に事業計画書を開いていない場合、大抵は後者。事業計画を踏まえた上でデータを記録し、日頃からPDCAのサイクルを回している会社は前者。私の見てきた範囲では、大体がそんな感じです。

残念なのは、「もうどうしようもない」という状態になってから相談に来られる方がいること。もっと早ければ、沢山の手が打てるのに、ヒト・モノ・カネの経営資源だけでなく、時間も切迫した状態になってからの相談で、できるのは再生専門のコンサルタントに繋ぐこと、励ますことくらい。自分の力不足が悔しい。

経営者の体験に基づく直感は素晴らしいです。ただ、本人の頭だけで展開されていると、部下に意図が伝わらなかったり、軌道修正する場合に客観視できなかったります。そういう意味でも事業計画書をメンテナンスしていくことは大切なのです。

意外と自分のことは客観的に見られないものです。特に、追い風の流れに乗っている時と、逆風の荒波にさらされている時は直感も鈍ります。そんな時、私たちのような支援者を活用して直感と体験と理論のバランスを取って欲しいと思うのです。

|

« シェフに学んだ大切なこと | トップページ | チームコンサルティングの楽しみ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537954/54317485

この記事へのトラックバック一覧です: 直感と体験と理論のバランス:

« シェフに学んだ大切なこと | トップページ | チームコンサルティングの楽しみ »