« J-Net21に記事が公開されました | トップページ | パフォーマー・セラピスト向け経営力向上講座 »

2012年2月23日 (木)

新米診断士がハウツーに走る危険性

中小企業診断士実務補習の2月コースで指導員を担当させて頂きました。初めて実習に参加される方にも入りやすいように、診断協会指定のテキスト以外にサブテキストを作成しています。

これまでの受講生から頂いたご意見を元に少しずつ修正していますが、なかなかボリュームが増えてきました。

今回も受講生からいろいろご意見やご要望を頂いて、次回(担当するかは分りませんが)に向けて少しずつ改訂する予定です。

最近の傾向として、ハウツーに関する興味関心が高い人が多いのですが、それ以前に、クライアントの側に寄りそえる人間性を磨いておかないと、折角の提案も受け入れて頂けません。今回も、指導員としてこの点をお伝えしたつもりが充分に伝わっていなかったようで、ハウツー提供の希望がありました。

ハウツーを知りたいのは当然ですし、私にもそのような時期がありました。しかし、むやみに知識やハウツーを使おうとしても、そこに至るプロセスを学んでいなければ応用が利かないのです。その意味で、新米の時からハウツーに走るのは危険です。

受講生の皆さまには、その場のハウツーだけではなく、指導員の姿勢やクライアントへの接し方、コンサルタントとしての在り方、といった点にも着目して、良いと思ったことはどんどん学び取って頂きたいと思います。

サブテキストを見直しながら、自分自身も受講生の見本となれるように、日頃の在り方や知識をブラッシュアップしていきたいと思うのです。

|

« J-Net21に記事が公開されました | トップページ | パフォーマー・セラピスト向け経営力向上講座 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537954/54056695

この記事へのトラックバック一覧です: 新米診断士がハウツーに走る危険性:

« J-Net21に記事が公開されました | トップページ | パフォーマー・セラピスト向け経営力向上講座 »