« 経営者の側にいることの大切さを感じています | トップページ | 現場の臨場感を伝えるのは難しい »

2011年7月 9日 (土)

実務補習生、ただいま苦戦中

中小企業診断士実務補習も今日を含めて残り3日となりました。

自宅学習期間に検討した提案書を持ち寄って、すり合わせをしていますが、全体のロードマップや提案の相互関係が描き切れていないので、今日も時間が掛かりそうな雰囲気です。

分析的なアプローチに慣れ過ぎてしまうと、全体観が不足して、将来ビジョンを描いたり、創造的な発想を展開させたりするのが困難になるようです。自分自身も特定のアプローチに偏らないように気をつけなければならないと感じています。

知識や手法を押さえておくのは勿論ですが、クライアントの側に寄りそう為にも、全体観やイメージ発想力は高めていきたいと思うのです。

|

« 経営者の側にいることの大切さを感じています | トップページ | 現場の臨場感を伝えるのは難しい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537954/52159420

この記事へのトラックバック一覧です: 実務補習生、ただいま苦戦中:

« 経営者の側にいることの大切さを感じています | トップページ | 現場の臨場感を伝えるのは難しい »