« 「東洋史観」で学ぶ『バランス』と『循環』 | トップページ | 実務補習生、ただいま苦戦中 »

2011年7月 8日 (金)

経営者の側にいることの大切さを感じています

企業変革アシストプログラムのディレクターとしての活動が始まります。企業変革アシストプログラムは、東京商工会議所が平成23年4月から開始した中小企業支援事業です。

今日は、第1回目としてコーディネーター同席の面談でしたが、厳しい指摘が数多く飛び出し、経営者が落ち込んでしまいました。その後に個別に打ち合わせをして、元気が戻ってきてほっとしています。「先生と一緒なら出来そうだ」というメールを頂いて、責任の重さに気が引き締まります。

勿論、経営者に厳しい状況を的確に認識して頂くことも支援者として大切な役割です。それ以上に、経営者の側にいてやる気をサポートすることが大切だと思うのです。

|

« 「東洋史観」で学ぶ『バランス』と『循環』 | トップページ | 実務補習生、ただいま苦戦中 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537954/52154750

この記事へのトラックバック一覧です: 経営者の側にいることの大切さを感じています:

« 「東洋史観」で学ぶ『バランス』と『循環』 | トップページ | 実務補習生、ただいま苦戦中 »