« 2010年4月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年5月

2010年5月10日 (月)

ネット経由の仕事

某所からの依頼で、インターネット経由の作業をしていますが、通信環境の問題か、良く落ちて仕事の効率性が極端に落ちています(>_<)

結局、全ての資料をダウンロードしてから手元で作業を終えてからアップロードという形になりそうです。こちらの負担感や作業ボリュームは変わらず、事務局のコピー代・郵送費が節約されて、ついでにフィーも下がるという笑うしかない状態。

とはいえ、心残りの無いように、しっかりと心を込めて完了させたいと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

油断大敵

書類仕事の気分転換に日中の散歩をしたら、ひどい『頭痛』が(>_<)

ちゃんと帽子をかぶっておけば良かったと反省。「油断大敵」です(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

採点しない関わり方

中小企業診断士の資格受験時代から、お店に入ると接客や店員の言動、レイアウトなどを観察して採点する癖がつきました。アドバイスをするときも応変な受け答えができるので、悪くはないなと思っていました。

しかし、裏を返せばお店のあら捜しをしていることになります。採点するということは、相手を否定するところを探している側面もあるので、新しく関係を築いていく上では障害になることに気がつきました(^_^;)

ここが悪いから直すではなく、ここが良いからもっと伸ばす、という考え方の方が最近はしっくりします。知識や理屈に従って、採点をしている自分に気がつくと、感性に従って内面の気持ち(嬉しいとか楽しいとか)にフォーカスするように変えています。どうせなら、相手の「良かった探し」をしたいと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

考え方捉え方で行動が変わる

僕はどうも頼まれごとや相談事をされやすいようで、良く道を訊ねられたりします。幹事やお世話役をついついお引き受けしてしまうので、体が一つでは足りない事態に陥りがちです。

フリーハンドに近い状態になると、課題の解決に燃えまくるので通常では考えられないパフォーマンスで対応できるのですが、枠に填められたり義務化されたとたんにモチベーションが低下してしまうということに最近気がつきました(^^;

そもそも無理をしなければ対応できないくらい引き受けるほうが問題ではありますが、これを義理や義務と捉えるか、工夫余地の沢山あるプロジェクトと捉えるかで以降の行動が変わってきます。改めて、常に自立的にワクワクと取り組む姿勢でありたいと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中小企業診断士の広場が更新されました

中小企業診断士に関わる情報が満載の『中小企業診断士の広場』が更新されました。

ご興味あるかたは是非どうぞ

http://j-net21.smrj.go.jp/know/s_hiroba/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

時間を有効活用する意識

アドバイスや自分で立てた計画を実行しない方がいます。あんまり忙しい忙しいとおっしゃるので、一週間の行動記録を取ってもらいました。

改めて見ると、隙間時間も結構ありましたが、何よりも『目前の出来事』に高い優先順位を置いて行動されていることが一目瞭然。部下に任せられる仕事も自分でやらないと気がすまないご様子でした。

そこで、病気になって一日に活動できる時間が今の三分の一になったと仮定して優先順位を組みなおして頂いたところ、やはり計画したものが上になりました。どのように動くかはご自身の選択ですが、たまには行動を振り返ってみるのもいいなと思われたようです。

改めて、自分を振り返るとやはり優先順位の付け方がおかしい。1人でやっているので仕方が無いということを言い訳に、手をつけようとしなかったことに反省です。改めて、時間を有効活用することを検討しようと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

創業&経営革新塾の打合せ

コンサル仲間と創業&経営革新塾の企画を打合せ。今は、資料を見ながらスカイプで話ができるので、便利ですね(^^;

NPO講座もそうでしたが、視点が違うとすり合わせていてどんどん良い形に発展していきます。テキストや講座の組み立てはハードルが高くなってしまいますが、これも楽しい。

提出納期まで間が無いので、急ピッチで打合せを進めますが、何だかワクワクしています。複数の独立コンサルタントがノウハウをオープンにして協力するといろいろ凄いことができそうな気がしてきます。そのためにも、自分の在り方を磨くことが大切だなと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

集客に苦労する立地だからこそサービス力を高められる

美術館近くのおしゃれな喫茶店に30分待ちで入店。店員の笑顔もなく、機械仕掛けのサービスを受けたような印象。要因は様々あるとは思いますが、一集客に苦労しないための「お客をさばく」という意識になっていると感じました。

商店街に出店する喫茶店の中には、メニューやサービスに工夫を凝らして常連客とのつながりを維持しているところがあります。比べてみると、集客に苦労するほどサービス力や商品力に磨きをかけるチャンスだと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

捨てていくことの大切さ

書類と書籍で部屋が埋もれてしまったので、少しづつ片づけを進めています。まずは書類から始めていますが、スゴイスゴイ(^^;

大量の資料を見るたびに、がむしゃらに取り組んだ仕事が思い出されて、古いモノほど捨てにくく感じます。しかし、振り返ってみれば1年以上手を触れていない資料が多いので、思い切ってバッサバッサとシュレッダーに。よくもここまで溜め込んだものです。

本は「絶版」というハードルがあるのでなかなか大変ですが、このままだと本で1室つかわなければなりません。日頃から、「不要なものを吟味して捨てる」習慣を付けておくことが大切だなぁと今更ながら反省するのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

伝えなければ伝わらない

既に返済能力の限界を超えている状況での融資相談を受けて、やんわりと対応をしていたところ「事業計画書の作成代行」を依頼されました。改めて、融資を受ける以前に事業の見直しをお薦めしました。相手を傷つける怖さはありますが、やはり伝えるべきことはハッキリと伝えようとする姿勢が大切だと感じた一幕でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親を見て子は育つ

移動中の電車の中で仲の良さそうな親子連れが前の座席に。そう言えば、世間様は連休中なんだなぁと思って微笑ましく見ていました。

ところが、お父さんの言葉遣いの乱暴なこと。「このやろう」「ばかやろう」「ふざけんな」「きたねぇな」、、、笑顔で言っているだけに違和感が物凄い。可愛い女の子なのに、同じような言葉遣いをしていて、正直なところ『怖い』と感じました。

子供の問題を取り上げる際に、学校教育や教師の質が低下していることが議論されることがありますが、何よりも「家庭教育の質が大事だな」と思う場面でした。自分自身が必ずしも見本にはなれていないとは思いますが、「ありがとう」と「ごめんなさい」が適切な場面で言える子供が増えて欲しいと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

お客を欲しがれば欲しがるほどお客は逃げていく

しょっちゅう店が変わる場所に出来た焼肉屋さん、今日も閑古鳥が鳴いています。

友人と携帯で話しながら様子を見ていたのですが、お店の人が店内の入り口付近でウロウロしていて、外を人が通ると物欲しそうな顔で眺めています。気づいた人が足早に避けて通るのが気の毒な感じ。いっそのこと、外に出て明るく声を掛けたり、駅前でちらしを配ったりすれば良いのにと思って見ていました。

物欲しそうな顔をしていれば、顧客も警戒するのは当然です。自分がクライアントを訪問しているときに、そんな表情になっていないか、注意しないといけません。変に仕事を欲しがるよりは、目先のやるべきことに全力で取り組んだ方が良いと自戒を込めて思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビジョンにフォーカスすると目先の事柄に流されない

仲間と新規事業に関する打合せを実施。ビジョンを共有化するため、じっくりと「やりたいこと」「できること」「こだわり」「受け入れられないこと」などについて各自の考えを聞きながら皆でディスカッションしています。

たまたま入ってきたビジネスの話についても、「それは僕たちがやるべきことなのか」「やるとすればどうするのがベストか」という会話がなされ、安易に飛びつかないのが良い。

やはり、ビジョンやポリシーは最初にしっかりと決めておくことが大切だと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年10月 »