« 素直な喜びはストレートに響く | トップページ | 自分の枠を外すトレーニングが大切 »

2010年4月 7日 (水)

自信と過信

久しぶりに自信たっぷりな創業希望者にお会いしました。それなりに分厚い事業計画書を作成されて、自分の事業計画について「立て板に水」と話をされます。公的融資だけでなく、ベンチャーキャピタルからも資金を集めたいとのこと。

ところが、全く心に響いて来ないので、よくよく話をしてみると、全部「頭の中」で組み立てた計画なんですね。しかも、最終的に意図するところは「自分が儲けること」でした。なので、テストマーケティングの実施などちょっとしたアドバイスだけして、以降の支援はお断りしました。僕自身がワクワクしない事業(社長)の支援は、お金を貰っても苦痛になるだけです。

自信とは「自分を信じる」と書きます。自己肯定感が高いのは喜ぶべきことですが、日々積み重ねてきた「徳」が無ければペラペラの絵に過ぎません。自信を持っているつもりで過信になっていないか、よくよく振り返ってみることが大切だなと思うのです。

|

« 素直な喜びはストレートに響く | トップページ | 自分の枠を外すトレーニングが大切 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537954/48022343

この記事へのトラックバック一覧です: 自信と過信:

« 素直な喜びはストレートに響く | トップページ | 自分の枠を外すトレーニングが大切 »