« 中小企業診断士の役割 | トップページ | 指示とアドバイスの狭間 »

2010年4月27日 (火)

タクシー運転手の姿勢に思う

今日は、移動にタクシーを使い、帰宅時にタクシーを使いと大奮発。運転手の接客姿勢が大きく違ったので、改めて自分の仕事を振り返るきっかけになりました。

移動に使ったタクシーでは、楽しそうな様子。きびきびとした言動で乗り降りから発進まで声かけするし、指示は復唱するしで気持ちよい。しかも目的地直前で「そろそろメーター変わりますけど直ぐ近くですから止めますか?」の一言。しびれました。もちろん、目的地まで行って貰いました。

一方、帰宅に使ったタクシーは、不機嫌な様子。動作は雑で復唱も何もなし、運転しながら舌打ちなどしています。しかも、目的地近くでスピードダウン。いつもより50円高いメーター表示になっていました。

後者の運転手さんは、何か腹の立つことでもあったのでしょう。もしかすると、業務で手一杯の時の自分の対応が同じになっていないか、急に不安になりました。振り返るきっかけをくれた運転手さんに感謝です。

自分がサービスを受ける体験を増やすためにも、時には散財もいいものだなと思うのです。

|

« 中小企業診断士の役割 | トップページ | 指示とアドバイスの狭間 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537954/48201614

この記事へのトラックバック一覧です: タクシー運転手の姿勢に思う:

« 中小企業診断士の役割 | トップページ | 指示とアドバイスの狭間 »