« 自分の枠を外すトレーニングが大切 | トップページ | 自分の「心の声」に耳を傾けることも大切 »

2010年4月 8日 (木)

事業計画書が要らないという人

創業融資の相談を受けた際に、「私には事業計画書は不要です」とおっしゃる方がいました。勿論、事業計画書なしで事業を運営される経営者もいらっしゃいますし、変化にスピーディに対応することが出来ていて軸がぶれない方もいます。

しかし、事業計画書は、単に自分の事業を推進するためのものだけではなく、コミュニケーションのツールでもあります。僕は、創業セミナーなどで「自分のための事業計画書」「仲間のための事業計画書」「資金調達のための事業計画書」の3種類があるとお伝えしていますが、資金調達を行うに当って、事業計画書を示さないのは相手に失礼です。よほど本人に実績や信用があれば別ですが、それにしても事業計画はあった方が良いです。

事業計画を頭の中だけで展開するという方は凄い能力をお持ちと感心してしまいますが、そのように凄い方は、融資を考えずに事業展開された方が良いでしょう。自分自身も、きちんと分かるように道筋だてて話をしているか、必要な書類をそろえているか、注意しなければならないと思うのです。

|

« 自分の枠を外すトレーニングが大切 | トップページ | 自分の「心の声」に耳を傾けることも大切 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537954/48030388

この記事へのトラックバック一覧です: 事業計画書が要らないという人:

« 自分の枠を外すトレーニングが大切 | トップページ | 自分の「心の声」に耳を傾けることも大切 »