« 不健康が習慣化すると改善行動のハードルが上がる | トップページ | 何気なく話す一言に真実が見えることがある »

2010年4月22日 (木)

表の顔と裏の顔がある人はすぐに見抜かれる

無償でいろいろな活動をしていて、軌道に乗り始める段階で入ってくる人には、「純粋に応援したい人」「最初から見返りを求める人」の二通りがあります。

専門家である以上、対価を求めるのは当然ですし、正しいあり方です。しかし、それならそれで、「私は有料である」と最初から提示するのがプロだと思うのです。活動に共感したので協力しますという顔をしながら参加して、何気ない態度や一言にその姿勢が表れます。

「ちょっとどうかな?」と疑問に思っていた人が、影でメンバーの活動にマイナスな発言をしていたという話を聞いて、第一印象は意外と外れないものだと感じましたが、やはり表と裏の顔を使い分けているとすぐ見抜かれるのですね。普段からの生きる姿勢や仕事に臨む姿勢が大切だなぁと改めて思うのです。

僕も気を引き締めて、自分の姿勢を見直します(^^;

|

« 不健康が習慣化すると改善行動のハードルが上がる | トップページ | 何気なく話す一言に真実が見えることがある »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537954/48154464

この記事へのトラックバック一覧です: 表の顔と裏の顔がある人はすぐに見抜かれる:

« 不健康が習慣化すると改善行動のハードルが上がる | トップページ | 何気なく話す一言に真実が見えることがある »