« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

「何気なく生きない」事が理想の自分をつくる

「○○さんを見かけたので声を掛けようと思ったら・・・」というのは意外と良く聞く話。今日もそんな話題が出ていました。

電車の中で豪快に寝ている人、酔って独り言をつぶやいている人、、、今日もカッコ悪いと思う方々に遭遇しましたが、自分が見られる立場だったらと思うとぞっとします。

改めて、「何気なく生きない」ことが大切だと、気を引き締めようと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

経営革新塾の企画検討

仲間から依頼があって、経営革新塾の企画案を考えて送りました。ざっくりと叩き台で、今後の打合せでどう進化していくかとても楽しみです。

商工会の依頼ということで、1回当りの時間と回数に制限があるので、これまた挑戦のしがいがあります。NPO法人向けの講座企画では、1年間で月1回というじっくりペースなのでそれなりに充実したコースを検討できましたが、限られた時間の中で伝えるポイントを絞りに絞って、ワークも最小限に抑えないといけません。

何よりも、参加される方にとって大きな実りのあるコースにしたいと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月29日 (木)

なんど念を押しても、認識が一致しているとは限らない

打合せの際、前回の課題認識などに大きな違いがあって会議が紛糾。リーダーが厳しく統制しないのがいけないとクレームを付けられました。自立したメンバーが集まっているはずの研究会で、かくも認識が違うとは、、、大いに勉強になりました(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

提案が通らなくてほっとした瞬間

診断士グループの商品開発分科会の打合せを行いました。経験が豊富な方が多いので、色んな意味で勉強になります。多くの人が忙しい中を参加して下さって、感謝です。

討議の中で、「モデルとなる商品を開発するのが先」か「モデルとなる企業にアプローチするのが先」かという話で揉めました。僕としては、具体的に話が出ている案件がいくつかあったので、形になるかどうかはともかくとして、アプローチする価値はあると思っていました。しかし、「自信を持って送り出せる商品が出来るまでは営業しない」ということに衆議が決したので、ちょっと意外でした。

未知の分野にトライする場合、相当な努力が必要なので、気心の知れていない分科会のメンバーに提案するにあたって、不備は自分が埋めるくらいの覚悟を決めていました。提案が通らなくて、実はほっとしている自分がいます。出来うるなら、困難な案件には、常に確実な信頼がおける仲間とチャレンジしたいと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月28日 (水)

付き合いたいお客様をイメージしたブランディングをする

これまでずーと「何でもやります」で来て、専門分野を作る必要性を感じていた。「創業融資を受けるための事業計画書作成の支援」を前面に出したら、創業ではない融資の事業計画書作成代行の依頼がめちゃめちゃ増えた(>_<)

今日は断るにも一苦労。そりゃ、フィーは多くもらえた方がいいけれど、「自分が支援したくない」性質のお仕事はやってて楽しくないから、自分のブランディングって、しっかり考えた方がいいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

指示とアドバイスの狭間

中小企業診断士として、経営相談に対応する際、「クライアントが答を持っている」ということを意識しながら話をするようにしています。業界のことはクライアントが詳しいですし、自社の将来を最も考えているのはクライアントです。あくまで主役はクライアントなので、「求められたテーマで複数の選択肢を提示する」というアドバイスができれば。まぁまぁかなといったところ。

ところが、様々な成功事例や理論を学んでいると、「こうしたほうが良い」「こうすべきだ」「こうしなさい」という指示的な話をしたくなるケースもあります。これは、受けるクライアントにとっても成果が見えやすいですし、問題が解決すれば満足度もそれなりです。ただ、一歩間違うと、コンサルタントが主役になってしまいます。

一方、「クライアントが答を持っている」というスタイルも、一歩間違うとクライアントに全てを押し付けてコンサルタントが楽をするということにもなりかねないので注意が必要です。

問題解決に向かう無数の道筋が見えていて、理論の裏づけもバッチリだけど、クライアントには敢えて伝えない。そんなことが出来るコンサルタントを目指したいと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月27日 (火)

タクシー運転手の姿勢に思う

今日は、移動にタクシーを使い、帰宅時にタクシーを使いと大奮発。運転手の接客姿勢が大きく違ったので、改めて自分の仕事を振り返るきっかけになりました。

移動に使ったタクシーでは、楽しそうな様子。きびきびとした言動で乗り降りから発進まで声かけするし、指示は復唱するしで気持ちよい。しかも目的地直前で「そろそろメーター変わりますけど直ぐ近くですから止めますか?」の一言。しびれました。もちろん、目的地まで行って貰いました。

一方、帰宅に使ったタクシーは、不機嫌な様子。動作は雑で復唱も何もなし、運転しながら舌打ちなどしています。しかも、目的地近くでスピードダウン。いつもより50円高いメーター表示になっていました。

後者の運転手さんは、何か腹の立つことでもあったのでしょう。もしかすると、業務で手一杯の時の自分の対応が同じになっていないか、急に不安になりました。振り返るきっかけをくれた運転手さんに感謝です。

自分がサービスを受ける体験を増やすためにも、時には散財もいいものだなと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月26日 (月)

中小企業診断士の役割

NPO経営力向上講座で、あるNPOの代表理事さんと話をしていたところ、役所の窓口で会った中小企業診断士の話が出ました。詳細な話を聴くこともなく、直ぐに『ダメだし』をされたそうで、「二度と窓口には行かない」と思ったそうです。

話を聞いて、哀しい気持ちで一杯になりました。中小企業診断士であれば、「どうすればNGでなくなるか」を一緒に考える姿勢が大切だと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

NPO法人経営力向上講座、開始

仲間と準備を進めてきた講座が、4月24日からスタートしました。立場はそれぞれ、おかれている状況もそれぞれですが、自分たちの経営を何とかしたいと言う気持ちは伝わってきました。

改めて気が引き締まります。

僕の出番は5月ですが、いつも以上にリハーサルをせねばと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月22日 (木)

何気なく話す一言に真実が見えることがある

、、、と言ってもご大層なことではなく、普段から大荷物を持ち歩いていることの話をしていて、ちょっと気づいたこと。僕は持ち歩きたくて重い荷物にしていました。これからは、大荷物で大変なんてことは言いません(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

表の顔と裏の顔がある人はすぐに見抜かれる

無償でいろいろな活動をしていて、軌道に乗り始める段階で入ってくる人には、「純粋に応援したい人」「最初から見返りを求める人」の二通りがあります。

専門家である以上、対価を求めるのは当然ですし、正しいあり方です。しかし、それならそれで、「私は有料である」と最初から提示するのがプロだと思うのです。活動に共感したので協力しますという顔をしながら参加して、何気ない態度や一言にその姿勢が表れます。

「ちょっとどうかな?」と疑問に思っていた人が、影でメンバーの活動にマイナスな発言をしていたという話を聞いて、第一印象は意外と外れないものだと感じましたが、やはり表と裏の顔を使い分けているとすぐ見抜かれるのですね。普段からの生きる姿勢や仕事に臨む姿勢が大切だなぁと改めて思うのです。

僕も気を引き締めて、自分の姿勢を見直します(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水)

不健康が習慣化すると改善行動のハードルが上がる

遅寝早起きが定常化し、万年寝不足。だんだん、体力的にチャレンジする状態になってきました。季節の変わり目のアトピーとダブルパンチで結構良い感じ(^^;

早く寝るチャンスは結構あるのに、何だかんだしてて結局遅寝(>_<)

改善行動を妨げるイラショナルビリーフを取り除かないといけませんね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講師をする人にお薦めのお得なワークショップ

僕もクラウンWSと、インプロコラボWSの両方に参加していますが、めちゃめちゃ深いです。
NPO講座と重なっちゃって出られないのですが、僕が参加したときより遥かにパワーアップしているそうで、すっごい悔しい(>_<)

講師は大手企業で売れっ子のコミュニケーション講師「樋栄ひかる」さんと、ルコックのクラウンメソッドで訪問クラウンを育成している「村上純子」さん。この2人に会うだけでも価値ありかも知れません。

講師をしている人には、アイスブレイクネタの宝庫です(^o^)

東京コースはまだ定員になっていないようです。
お時間とご興味のある方はぜひぜひ

--------------以下は案内です----------

インプロ X クラウン =『つながる力』
☆ ☆インプロとクラウンから学ぶつながる力☆☆
*** 自身とつながり+他とつながり = つながる力を身につけて、エンパワメント(自助力)を向上する ***

【日時】: 第1回: 2010年4月24日土曜日
      第2回: 5月15日土曜日
      第3回: 5月29日土曜日

【目的】: クラウンメソッドと演劇(ドラマ&インプロ)メソッドを通して、
      自己の思考や行動心理の理解を深め、他とつながりより良いコミュニケーションを
      エンパワーメント(自助力)向上と『つながる力』向上を目指します。

【場所】: 東京都内 (参加お申し込みを頂き次第折り返しご連絡いたします)

【定員】: 20名 (定員になり次第締め切ります)

【受講料】:社会人 3回連続受講24,000円 (1回のみ 10,000円)
      学生・緊急クラウンサポーター・Ena Fellows 3回連続受講 18,000円 (1回のみ 8,000円)

【対象】: 双方向の学びの場から自己と他とのつながりを発見、再発見されたい方
      「つながる力」を身につけることによって、コミュニケーション能力を向上されたい方
      チームビルディングなどに「つなげる力」を役立てたいと思っていらっしゃる方
      学生生活、会社生活で「つながる力」でより良い交流を広げ深めたいと思っていらっしゃる方

【お申し込み/お問い合わせ先】お名前、ご連絡先(メール&電話番号)、ご参加希望理由を添えて
stage@clownemergency.com 村上までご連絡ください。

【第1回:4月24日(土)】 自己とつながる1日

オープニング&エクササイズ
中性(ニュートラル)状態の体験&発見
クラウン(道化性状態)の体験&発見
リフレクションとストーリーテリング
自分とつながるを体験するインプロアプローチ各種

【第2回:5月15日(土)】他とつながる1日

オープニング&1回目のレビュー
イメージトレーニング&シーン創り
インタラクティブシアター演習
クロージンズ

【第3回:5月29日(土)】自己と他とつながる1日

オープニング&1回目と2回目のレビュー
総合演習とふりかえり
クロージンズ

【講師】村上純子&樋栄ひかる

樋栄ひかる:
Western Oregon州立大学卒業。 
大手英会話スクールのマネージャー、実業団ソフトボールチームの専属通訳を経て、大手外資系コンピューター会社にて国際会議の企画運営などを手がけたのち、人材開発プログラムや英語力強化プログラムの開発に携わり、また研修講師としても活躍する。  

2003年にEna Communication Inc.をハワイで起業し、現在はその取締役社長。
プレゼンテーション、ビジネスコミュニケーション、行動心理学、コーチング、英語でのコミュニケーションスキル養成など幅広いジャンルで、年間150回以上の研修・ワークショップをこなす。 
受講者からの評価アンケートは毎回ほとんど100点。 
毎年1500人が集まるIT系システムユーザー・カンファレンスにおいても4年連続で優秀講師賞を獲得し、日本人講師としてトップの評価を得る。 常に斬新なアイデアで新しい研修の開発を行い、参加者の心を瞬時にとらえる研修講師として多くの企業からリピートオーダーが後を絶たない。
     
現在、慶応大学藤沢湘南(通称SFC)にて「プレゼンテーション技法」の講師も勤める。

著書
「Yes,andですべてはうまくいく(幻冬舎)

村上純子(じゅじゅ):
ルコック国際演劇学校、キクロス国際創造演劇学校を経て、舞台、シアタークラウンとして活動。
ドクタークラウンをアラン・ゴットレ、ジョヴァニー・フゼッティ、アミ・アターブに師事。
訪問クラウンとして、病院、高齢者介護施設、リハビリセンター、難病の児支援キャンプ、地域訪問。
クラウン、ドクタークラウン、仮面劇、人形劇、バルーン、アクロバシー等の演劇ペダゴジークラス講師。

【詳細】
緊急クラウンサイト http://clownemergency.com/ja/node/286
樋栄ひかるブログ  http://plaza.rakuten.co.jp/enacomm/diary/201003230000/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月20日 (火)

気合の入れすぎも程々に

新入社員研修で、受身の姿勢や後ろ向きの発言が気になって、社会人の心得について熱く語ってしまいました(^^;

人事の研修担当者と打ち合わせた上で行ったのですが、肝心の受講生にはどれだけ響いたか微妙です。

自分が就職した当時を考えれば、優秀な人たちばかりなのに、とても勿体無いと思います。大学の後輩達をみても、年々、「正解が無いと動けない」人が増えているように感じています。

僕たち講師も、受講生から様々なことを学ばせて頂いているので、いつも感謝です。折角のご縁なので、キラキラ輝く才能を引き出すお手伝いができればと思うのです。

そのためにも、気合の入れすぎも程々にしないといけませんね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月19日 (月)

素直な心が応援者を呼ぶ

アドバイスを素直に実行してもらえると嬉しくてもっともっと手伝いたくなります。やはり、素直に聴いて動くって大事ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新入社員の可能性に思う

某企業の新入社員研修の支援に入っています。流石に就職事情が厳しい中を潜り抜けてきただけあって、とても優秀(^^

現役の大学生にも言えることですが、「正解を与えられること」に慣れていて「自分で考える」トレーニングを積んでいない傾向があります。どうも、「間違い」を怖れて、前に進めない人が多いようです。

でも、「間違い」は「成長」の源だと気づいて挑戦をしだしたとき、新人がカッコよく変身するのが楽しみで、負けずに自分も成長せねばと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

ブログの連続更新記録中断(>_<)

年始から、ブログを毎日更新すると決めてやってきましたが、ちょっとストップしてしまいました(>_<)

ただ、更新しないと「ちょっと気持ち悪いな」という感覚が出てきたので、習慣化の第一歩はまずまず。次は更新記録を3ヶ月以上伸ばしたいですね。

新入社員研修でアドバイスをする手前、見本になれるよう実体験を重ねたいと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月15日 (木)

60%の出来でもスピードを優先する

しっかりしたアウトプットを出したいと思うあまり、結果として「先延ばし」にしてしまうことがあります。このような仕事が重なった時に、トラブルがあると対応しきれずに綻びが出てしまいます。今日のしくじりから、改めてスピードの大切さを学びました(T_T)トホホ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

余裕が無くなった時の大しくじり

約束した納期ギリギリの資料を徹夜で作成。いつもなら途中でバックアップを取っているのに、保存をしないまま「うっかり」ワードを終了してしまい、努力がパー(゜o゜)

これもいろいろな状況が重なって「余裕」が無くなったことが大きな原因です。忙しいとは、「心を亡くす」と書きますが、まさにその通りですね(^_^;)

物理的な問題もありますが、常に心には「余裕」を持っておきたいと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月14日 (水)

ゆとりを持ったスケジュール設定も大事だね(^_^;)

交通費の節約も含めて、諸般の事情があって、外出する際はいくつかの予定を重ねて入れています。
順調に動ければ良いのですが、想定以上に打ち合わせが延びたりすると、かなり厳しい状況になります。
改めて優先順位と絞り込みを徹底しなければと大いに反省です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うわぁ、ボッタクリ!と一瞬思う(^^;

某公的機関から依頼を受けていた某業務。民間会社経由になったとたん、フィーがこれまでの40%になってしまいました。委託をして予算を切り詰めているのでしょうから、民間会社が60%を抜いているということは無いと思いたいですね(^^;

別の某公的機関は、中小企業支援の予算が削られてしまいましたし、大企業の救援やバラマキに予算を使わないで、中小企業支援を手厚くして欲しいなぁと思ったりします。

でも、こんな状況だからこそ、経営コンサルタントの力量が問われますね。ボッタクリなどど思ってしまうあたり、自分はまだまだ精進が足りないと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月13日 (火)

自立的な発言が無いと会議は収束しない

あまり深入りしたくないミーティングに参加。この時間、自立的な姿勢でなく、周囲からの要望や疑問点を提示する「要求のみ」の姿勢をとったところ議論は発散傾向に(^^;

仕事や責任を押し付けあう姿って、客観的に眺めるとやっぱり格好悪いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新人研修がスタート、気が引き締まります

某社の新人研修がスタートし、今日はメンバーの一人が最初の講義をするのに合わせて、メンバー全員で挨拶に行ってきました。

まだ深く接していませんが、「頭の良さ」「育ちの良さ」が感じられ、成長がとても楽しみ。今回も沢山の学びを頂けそうです。新人の可能性をどれだけ引き出せるかが講師の腕の見せ所(^^; まずは自分が見本にならねばと気が引き締まります。

帰りがけに過去の受講生とばったり顔を合わせました。懐かしそうに話をしてくれる姿にちょっと感動。今年も気合を入れて精進せねばと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月12日 (月)

何でも学びにつながる

「成功か成長しかない」というのは福島正伸先生の言葉ですが、実際にアンテナを張っていると様々なものが学びにつながると感じます。

特に、講師スキルをアップしようと考えると、TVニュースでも、お芝居でも、寄席でも、電車内の出来事でも、全てが学びになります。

これで、ブレない自分軸を持っていれば、確かに「上手く行かないこと」も学びに変わるので、成長しかないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一級販売士内の中小企業診断士比率、やっぱり高い感じです

東京販売士協会で、今年もエネルギッシュタウン事業が行われます。

会合に集まったメンバーで1級販売士と中小企業診断士のダブルライセンスがやはり多い(^^;

1級販売士の協会入会数は伸び悩んでいますが、どうせダブルライセンスなら、もっと商店街を応援する人が増えて欲しいなと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

セミナープログラムも「姿勢×手法」の掛け算、1人で作るより知恵を集めたほうが良いものができる。

セミナープログラムの打合せで、いろいろな雑談をしているだけでも気づくことが多いです。専門分野が異なるメンバーが「同じ目的で」集まると知恵が湧いてきます。中小企業診断士だけで集まるのとまた一つ違った体験で、学びが多いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

事業計画書の重要性

中小企業診断士として、創業融資を受けるための事業計画書の作成と実行の支援を行っています。今、コンサル仲間とNPO法人向けのセミナープログラムを立ち上げている最中ですが、テキストを作成しながら「やっぱり事業計画が大切だよなぁ」と改めて感じています。

自分自身の事業計画を見直している最中ですが、事業計画書の無い事業は海図を持たずに航海にでるようなもの。勿論、経営者の頭の中にあっても良いのですが、何かがあったとき、方向を指示できる人がいなくなってしまいます。

事業計画書を作成するのは本当に困難な作業でもありますが、事業を行う上で、大切なコミュニケーションツールの一つだと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

意識をしないと時間は一瞬で過ぎ去る

50分程度で面談の筈が、気がつけば2時間過ぎ(^^;

講師など絶対に遅刻が許されない予定が入っていないこともありますが、予定していた仕事をする時間が削られてしまったのは痛い(>_<)

お互いの時間効率と言うものもあるので、ほどよいバランスを心掛けたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

研修教材の作りなおし(2)

NPO法人の経営力向上に向けて講座を立ち上げるメンバーに加わっています。一度真っ白にして作りなおしたので、経営コンサルタントが一般的に使うような横文字は綺麗になくなり、伝える内容もぐっと絞り込まれました。

明日のミーティングで、どんなチェックが入るかが楽しみです。ワークの比重を増やしたこともあり、リハーサルをしっかりやらないといけません。いかに参加者に役立ててもらうか、「何か」を持って帰ってもらうか、にフォーカスしたいと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 9日 (金)

支援者として仮面を被っていないか意識する

今日の会合で、場が改まると仮面を被ってしまい、変に頑張りすぎたり、自分を認めて欲しがったり、上から目線になったりするという話に「冷や汗」
自分がどうしているか、改めて振り返るとやはりそんなこともあったかなと(^_^;)
仲間の視点って本当にありがたいと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

研修教材の作りなおし

NPO法人の経営力向上に向けて講座を立ち上げるメンバーに加わっています。軸となるコンセプトを明確にして、1回目・2回目の講座内容を作りこんで次回の打合せで揉む事になっているのですが、、、、途中まで作った教材を全て破棄してしまいました(>_<)チャーンス

商店街の勉強会などで慣れていたつもりでしたが、「専門用語を使わずに易しく面白く伝える」という取り決めはハードルが高い(^^;

でも、一所懸命に取り組めば、自分の成長に繋がると思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分の「心の声」に耳を傾けることも大切

夢について考えるとき、ブレーキになる考えが根底にあることに気づきました。逆に言えば、そこが自分が夢に向かう本当の理由に近づける道なので、理屈を捨てて感性で自分に潜っていくことも大切だと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 8日 (木)

事業計画書が要らないという人

創業融資の相談を受けた際に、「私には事業計画書は不要です」とおっしゃる方がいました。勿論、事業計画書なしで事業を運営される経営者もいらっしゃいますし、変化にスピーディに対応することが出来ていて軸がぶれない方もいます。

しかし、事業計画書は、単に自分の事業を推進するためのものだけではなく、コミュニケーションのツールでもあります。僕は、創業セミナーなどで「自分のための事業計画書」「仲間のための事業計画書」「資金調達のための事業計画書」の3種類があるとお伝えしていますが、資金調達を行うに当って、事業計画書を示さないのは相手に失礼です。よほど本人に実績や信用があれば別ですが、それにしても事業計画はあった方が良いです。

事業計画を頭の中だけで展開するという方は凄い能力をお持ちと感心してしまいますが、そのように凄い方は、融資を考えずに事業展開された方が良いでしょう。自分自身も、きちんと分かるように道筋だてて話をしているか、必要な書類をそろえているか、注意しなければならないと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 7日 (水)

自分の枠を外すトレーニングが大切

あるプロジェクトのメンバーでブレストを実施、ビジネスや真面目な発想で息が続かない男性陣と次々と脈絡のない話を続ける女性陣。
まだまだ自分の枠を外すトレーニングが不足していると実感しました(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自信と過信

久しぶりに自信たっぷりな創業希望者にお会いしました。それなりに分厚い事業計画書を作成されて、自分の事業計画について「立て板に水」と話をされます。公的融資だけでなく、ベンチャーキャピタルからも資金を集めたいとのこと。

ところが、全く心に響いて来ないので、よくよく話をしてみると、全部「頭の中」で組み立てた計画なんですね。しかも、最終的に意図するところは「自分が儲けること」でした。なので、テストマーケティングの実施などちょっとしたアドバイスだけして、以降の支援はお断りしました。僕自身がワクワクしない事業(社長)の支援は、お金を貰っても苦痛になるだけです。

自信とは「自分を信じる」と書きます。自己肯定感が高いのは喜ぶべきことですが、日々積み重ねてきた「徳」が無ければペラペラの絵に過ぎません。自信を持っているつもりで過信になっていないか、よくよく振り返ってみることが大切だなと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

素直な喜びはストレートに響く

今日寄ったレストラン。素直に美味しい美味しいとお店の人と時々話しながら食べていたら、帰り際にお見送りまでしてもらってしまいました(^0^)

お客とお店が互いに「ありがとう」といえるいい関係になっていたような気がします。全く邪気の無い、素直な喜びの表現は、ストレートに響くんですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 6日 (火)

お客様が喜ぶ自信が持てるか

商店街の逸品運動の取り組みを支援していることもあって、外食していてもつい繋げて考えてしまいます。

今日、たまたま見つけて入ったレストラン。ちょっと高かったですが、満足度は120%。お財布に余裕があれば、また行きたいと思っています。

このお店は、1.素材への自信 2.眼力への自信 3.手間と工夫への自信 の3つを持っていました。僕はいつも、お薦めの料理を聞くことで、お店のこだわりや自信を測定していますが、今回は僕のおなかの具合に合わせて、全てメニューに載っていない料理で楽しませて貰い、めちゃめちゃ美味しかった(^0^)

あとで聞くと、ソースに3週間かけるとか、食材を産地から取り寄せているとか、土台となる努力や工夫があったのですが、何よりも自分たちの料理で喜ぶお客の顔がイメージされていた筈です。「逸品」であるかどうかの基準は、自分たちの商品やサービスでお客様が喜ぶという絶対の自信が持てるかどうかかも知れないと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

価値観が違う人が集まるから面白い

商店街のプロジェクト会合で、駆け足で今年度のコンセプト(叩き)とスケジュールを決定。深く掘り下げると面白そうでしたが、時間切れ(^_^;)
商店主以外のサポーターも増えてきて、いろんな価値観や見識が集まるのがありがたいです。
商店街内部のコミュニケーションを良くするためにどんな支援ができるか、楽しい挑戦が続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 5日 (月)

コーチを付けるということ

今年は、いろいろな事情があって、事業への取り組みやプライベートの状況を大きく変える時が来ています。

これまで、経営コンサルタントのちっぽけなプライドもあって、自分で何とかしようとしてきましたが、「知」に偏りすぎて「実」が伴わないので、本職のコーチをお願いする事にしようと思っています。福島正伸先生の講座で研鑽した仲間なので、根っこの一つは一緒であることも安心感に繋がります。

体験コーチングセッションを受けたのですが、凄い凄い。僕の根底に横たわる「イラショナルビリーフ(痛みを伴う破滅的な考え方)」を短い時間であぶりだしてくれちゃいました。これから、いろいろ考えていく上で、やるべき優先順位が明確になりました。

コーチをつけると、それなりのコストがかかりますが、自分では客観的に見えないところが明確になりますし、行動の後押しがして貰えそうです。手法が違うだけで、コンサルタントがクライアントに対して行っていることと同じですね。

コンサルタントとしてクライアントを支援していくためには、自分の心身が安定していることが重要です。ちいさなプライドは捨てて自分が支援を受けることも、時には大切なんだなと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

決断と行動は早くしないと機会を逃す

決断は早いほうが良い。でも決めたつもりでも行動に移さないと事体は全く変わらない。行動する機会を失わないようにしないと決断しないのと一緒ですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お花見の後片付けを想う

息抜きに桜を見に行きました。

満開の桜は綺麗でしたが、下を見れば人の波、宴会の嵐(>_<)

改めて、花見とは名ばかりで、日頃の憂さを晴らす宴会行事だなぁと感じます。

しかし、あのごみの山、宴会の名残を片付ける関係者の姿を想うと、場所代を徴収しても良い様な気がします。

こんな場面に出会うと、普段は見えないところで仕事をしてくださっている方々に感謝の心が湧いてくるのです。

100404142859

100404142410

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 3日 (土)

人とのご縁がご縁を広げる

いろいろ自分の状況を発信していると、仲間がいろんなご縁を繋げてくれて新しい出会いがあります。

良いご縁として続くか、その場限りで終ってしまうかは自分次第だけれど、必ずどこか成長している自分を感じたいものです。

偶然とは「然るべくして、イ(人)と禺う(会う)」と書きます。ついつい流れてしまいがちですが、必然の出会いに感謝して、その人と出会った意味を考えることも大切だと思うのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日の学び

自分で認識している自分と他人から見た自分は違う。肯定も否定も同じように受け止められる自分であることが大切なんだなぁ(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメブロの記事を更新しました

お薦めの本を紹介するブログ「中小企業診断士かぶんの『一日一冊』」を更新しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 2日 (金)

今日の学び

「狭く深く」も「広く浅く」も使えるかどうかは状況次第。だったら自分らしく、やりたいことにフォーカスした方が良いね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SEOという言葉に踊らされないで

今日は、「苦手だけど記帳関係の相談に乗る」とお約束した先で、会計ソフトの設定や入力に合わせて記帳内容のチェックも一緒に行いました(^^;

得意分野と違って、めちゃめちゃ時間は掛かるのですが、僕の得られる学びもまた多くて、ありがたいです。一方で、時間の効率性も意識しないといけないなぁと反省しきりです。

帰り際の雑談で「ホームページをSEOの業者に任せたら使い勝手が悪くなった」というお話があったのですが、どう考えてもSEOの役に立っていない。アクセス解析すらしてくれないと言うことで愕然としました。解約したいと思っているのに、勝手にリース契約にされてしまっているとの事で、経営者の成長意欲に付け込んだ詐欺紛いの商法といえます。いくつかのアドバイスはしましたが、最終的には経営者の判断と専門家に任せると言うことで「法テラス」を紹介しておきました。

フランチャイズ契約もそうですが、会社と会社でやりとりをすると「クーリングオフ」はできません。SEOという言葉だけに踊らされず、「何故SEOが必要と思ったか」という点にフォーカスして欲しいと思います。web系のコンサルタントは沢山いますが、ぜひ自社にあった良いコンサルタントを見つけて欲しいですね。こんなことがあると、ゼネラリストで良かったなと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメブロの記事を更新しました

お薦めの本を紹介するブログ「中小企業診断士かぶんの『一日一冊』」を更新しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 1日 (木)

他責と自責

状況がどうあれ、状況や他人のせいにしない受け止め方をすると、不思議と道が拓けて来ます。・・・ということは、理屈でも感覚でも分かっているのですが、まだまだ他責の受け止め方をする事が良くあります。

ここ数年で訓練を重ねてきたので、比較的早い段階でプラスに受け止めなおすことは出来るのですが、認識のスタートがマイナスだと、なかなか行動に繋がりません。

近く資金需要がある時に、取引先からの支払が遅延し続けていたりするともう、プラスに受け止めるのは難しかったりします。こんな時、仲間から別の視点を示されるとパッと視界がひらけます。こんな事があると、クライアントが苦しんでいる時に客観的な視点をお伝えするのことは、コンサルタントとして重要な役割なんだなぁと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメブロ更新

お薦めの本を紹介するブログ「中小企業診断士かぶんの『一日一冊』」を更新しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の学び

知識を広げるより、人との繋がりを広げるほうが大切なんだなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »