« 無料相談ばかりする人 | トップページ | 自分の研鑽は足りているか »

2010年3月 8日 (月)

若い力と古い力

今日は商店街の会合で、大きく将来に発展しそうな話が出て興奮しています。「日本一元気な商店街になりますよ」といい続けて4年、大チャンスが巡ってきました。

ただ、このチャンスは若手有志の活動から生まれたもので、大多数のベテランオーナーには批判的な目で見られています。これまで、商店街を盛り上げてきた方々なので、その経験や現場感覚は素晴らしいものがありますが、こと変化への適応や新しいことへのチャレンジは若手の行動力が勝ります。

若手とベテランのギャップをどう埋めていくか、間に入る中小企業診断士の出番です。小さな個人のプライドは捨てて、「地域の活性化」という大きなテーマで協調する関係を創り上げたいと思うのです。

|

« 無料相談ばかりする人 | トップページ | 自分の研鑽は足りているか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます。
ちんどん屋さんという販促の専門家が商店街若手有志の会合に参加してくださっていて、とても心強いです。
今後とも宜しくお願いします。

投稿: 鈴木佳文 | 2010年3月 9日 (火) 02:55

今日は大きい方の話題に隠れてしまいましたが、
「消費者目線」についての話がちらほら出て、嬉しかったです。

消費者というか、商店街が商売の対象としている人たち
→「お客様」ですね。
この人たちに商店街が、お店が、商売がどう見えているのかを、そこそこリアルに想像できる、ということは
とても大事と考えますが、今までの話し合いではその辺りが、あまり話題にのぼっていない印象がありました。

「例えば『健康』をテーマに各店が物や技術を発信アピールしていく」、というアイデアは、
イチ消費者として見て、素晴らしいと感じました。
それはすごく動機になります。
他でなく、そこの店、その商店街に行く動機に。

…しかし、お客様のニーズ対応が全てではないんですよね。
良いと思うものを発信して行く、己の動機。

それとニーズがうまくかみ合うと、双方に喜びが生まれますね。

などと雑感致しました。
今日は本当に色々考えておりましたが、なかなかまとまらず発言できずスミマセン
今後この流れに自分がどうお役に立てるか、提案できればと思います。

投稿: あづまや足立 | 2010年3月 9日 (火) 02:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537954/47762844

この記事へのトラックバック一覧です: 若い力と古い力:

« 無料相談ばかりする人 | トップページ | 自分の研鑽は足りているか »