« 足を引っ張る人 | トップページ | 「まず動いてみる」ことの重要性 »

2010年3月15日 (月)

ネガティブな側面にフォーカスしない

ある物事を別な側面から捉えなおす「リフレーミング」、研修でお話しするだけでなく、自分自身でも積極的に活用しています。

日頃から、ネガティブな相談を受けることが多いので、何かの形でフラットの状態に戻すようにしているのですが、「リフレーミング」も強力なツールになっています。

このところ、創造性も発展性の欠片も無いねじれの位置にあるようなコミュニケーションが発生したためか、思考がネガティブに偏っていました。それが原因かどうかは分かりませんが、思い切り体調を崩してしまいました。直近に研修講師の仕事が入っていなかったのが勿怪の幸い。そろそろ4月の研修に向けて、自分の体制を整えておきなさいというメッセージと受け取っています。

事実はひとつで変わらないので、受け取り方はその人しだい。最初にネガティブな視点で受けてしまうと方向を転ずるのにパワーが必要になります。最初からプラスに受け止め、状況に感謝する。そうなるまでは、まだまだ修行が足らないと思うのです。

|

« 足を引っ張る人 | トップページ | 「まず動いてみる」ことの重要性 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537954/47821897

この記事へのトラックバック一覧です: ネガティブな側面にフォーカスしない:

« 足を引っ張る人 | トップページ | 「まず動いてみる」ことの重要性 »