« 相性の悪い人 | トップページ | ビジネスモデルの再構築 »

2010年3月29日 (月)

自分で判断するということ

無料創業相談で久々にフランチャイズ加盟に関してお話がありました。最終的にはご本人の判断になりますが、典型的な失敗パターンになりそうなので、再考するようお伝えしました。

フランチャイズの加盟といえども、自分の棚卸しはしっかりとしておいた方が良いのです。経営も該当業種の経験も全くない状態で、しかも現状把握も将来ビジョンも不十分なままでは上手く行くものも上手く行きません。「○○というFCに儲かると言われたので加盟しようと思っている。本当に儲かるのか教えて欲しい」という質問があまりにも答だけを求めすぎていて、本人が自分で考える姿勢を持たないのが印象的でした。

たとえ手元に資金が充分にあるにせよ、「儲かりますよ」というリクルーターの言葉に踊らされずに『自分で判断する』ということが大切です。僕自身の反省も含めて、「正解のある、マニュアル的なノウハウ」を安易に手に入れるような行動には注意をしないといけないなと思うのです。

|

« 相性の悪い人 | トップページ | ビジネスモデルの再構築 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537954/47940884

この記事へのトラックバック一覧です: 自分で判断するということ:

« 相性の悪い人 | トップページ | ビジネスモデルの再構築 »