« 人を変えようとする人 | トップページ | ネガティブな側面にフォーカスしない »

2010年3月14日 (日)

足を引っ張る人

入社5年も経つのに全く使えない人をどうすれば良いかという相談を受けました。良い大学を出て、資格も持ち、履歴書上では使えそうなのに、現場ではトラブルメーカーらしい。

ミスをしても全て他人の責任にして、自分はケロリとしているそうで、周囲の足を引っ張る人になっています。「使えない」ということで様々な部署をたらいまわしにされていたそうで、本人の態度も悪かったのでしょうが、うまく使おうとしない上司にも問題があったのでしょう。ミスした本人を責めるのではなく、起こった事柄に焦点をあてて指導してきていれば、きっとそこまで他責の姿勢を示すことはしない人になっていたと感じました。

当人と面談する機会があるわけでもなく、お仕事の範囲外の相談でしたので、「一生付き合う覚悟をした上司をつける」か「彼がミスしてもすぐにリカバリーできる体制をつくる」かだろうね、と軽くアドバイスしておきました。部下は上司の思うとおりに育ちます。本人が自らやる気にさえなれば、絶対に変わります。

研修講師として、誰もが成長できる「人の可能性」を常に信じていたいと思うのです。

|

« 人を変えようとする人 | トップページ | ネガティブな側面にフォーカスしない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537954/47814748

この記事へのトラックバック一覧です: 足を引っ張る人:

« 人を変えようとする人 | トップページ | ネガティブな側面にフォーカスしない »