« 前に出ない人 | トップページ | 足を引っ張る人 »

2010年3月13日 (土)

人を変えようとする人

上司と衝突していたサラリーマン時代を振り返ると、「自分の思う理想の上司でないからそうなるように相手を変えようとしていた」時期があります。逆に上司からも同様のアプローチがあったと思うのですが、我が強すぎて全く気づいていませんでした(^_^;)

今は、クライアントの話を聴くスタイルをとっている事もあって、受け入れる幅が広くなっています。とはいえ、『自分で変わろうとしない限り変わらない』ので、高圧的・強制的なアプローチには反発を覚えます。敢えて確信犯的に行う場合は別ですが、『正しいこと』を指摘しても、相手の心には届かないケースが多いのです。上司・部下の関係なしに、『思い通りにしよう』というアプローチを自分自身が受けるようになって、特にそう感じます。そのようなアプローチをする人が悪意を持っていることは少なく、善意で動いていることが更に問題をこじれさせる要因になります。

様々なところでお世話役を引き受けることが多いので、自分が相手に『自分の価値観』を押し付けていないかは気をつけています。特に、クライアントに対しては『人を変えようとする人』であってはいけません。まだまだ理想像に足がかりさえ掴めていませんが、コンサルタントは『常に自分を成長させる人』であって、揺るがない自分軸を持ち、相手を受け入れられる度量が必要だと思うのです。

|

« 前に出ない人 | トップページ | 足を引っ張る人 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537954/47798232

この記事へのトラックバック一覧です: 人を変えようとする人:

« 前に出ない人 | トップページ | 足を引っ張る人 »