« やっぱり自分のテンションが大切ですね | トップページ | 大企業病の中小企業診断士 »

2010年3月 1日 (月)

自分を大きく見せようとすると失敗する

中小企業診断士として、「融資を受けるための事業計画書作成」の支援を行っているためか、創業以外の切羽詰った相談を良く頂きます。電話相談で名前を名乗らないほど切羽詰った方も多いのですが、クレサラ問題の勉強会に参加させていただいたお陰で以前より落ち着いて話を伺えるようになりました。

今日の方も、融資以前のお話でしたので「全被協」の窓口をお伝えしたのですが、いきなり怒り出されました。どうも、従業員や取引先への支払を遅らせたりすると『格好が悪い』ということで借入をされていたようで、そういう窓口を利用するのは『負け犬』だそうです。「じゃあ融資の相談は格好いいのか」って突っ込みしたくなりますが、「法テラス」で専門家のアドバイスを受けることをお薦めして、電話を切りました。

名前も名乗らずに(しかも横柄に)相談される方は、切羽詰っているということもあり、格好悪いと考えていることもあり、と様々なご事情がおありなのでしょうが、きっと普段からそのようなコミュニケーションをされているのだと勝手に思っています。金融は信用なので、取引先に支払い条件を交渉したりすることも立派な財務戦略です。しかし、普段からの付き合いを大切にしていなければ協力しては貰えません。今回の相談者も普段から必要以上に自分を大きく見せようとされた弊害で、融資以外の選択肢が残されていなかったのでしょう。

僕たち支援者も、不必要に自分を大きく見せようとせず、等身大の自分で誠実に取り組むことが大切だなぁと感じました。まだまだ至りませんが、「うまくやるより一生懸命やる」支援者でありたいと思うのです。

|

« やっぱり自分のテンションが大切ですね | トップページ | 大企業病の中小企業診断士 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537954/47701984

この記事へのトラックバック一覧です: 自分を大きく見せようとすると失敗する:

« やっぱり自分のテンションが大切ですね | トップページ | 大企業病の中小企業診断士 »