« 自分を大きく見せようとすると失敗する | トップページ | 負けない心を持つ »

2010年3月 2日 (火)

大企業病の中小企業診断士

見習い時代、「コンサルタントは管理思考ではいけない」と師匠に良く注意されました。業務の標準化とマニュアル作成を散々やってきていたので、当時はかなり腑に落ちていなかったように思います。

ある程度の基盤があって人的資源もあれば、「管理」でも動けますが、小さな会社を支援するにあたってはそんなことでは「理屈倒れ」に終ってしまいます。ここに「コンサルタントは汗をかかない」と言われてしまう遠因の一つがあると思っています。

研究会などのお世話役をさせて頂いていると、「大企業病」の方にお会いすることがあります。ある程度以上、企業の良いポジションで管理的なお仕事をなさっていると、どうしてもそのスタイルが染み付いてしまうのでしょう。本来は、同じ中小企業診断士で対等な立場なのですが、何故か上司風が吹いてきます。そんな時は、賢く受け流すのが吉ですね。

反面教師となって下さっている人生の先達に感謝しつつ、「自分自身が管理思考になっていないか」振り返ろうと思うのです。

|

« 自分を大きく見せようとすると失敗する | トップページ | 負けない心を持つ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537954/47710710

この記事へのトラックバック一覧です: 大企業病の中小企業診断士:

« 自分を大きく見せようとすると失敗する | トップページ | 負けない心を持つ »