« 資格オタクにならない | トップページ | 無料相談の功罪 その2 »

2010年2月20日 (土)

無料相談の功罪

中小企業診断士として、商工会議所のエキスパート等に登録をしています。公的機関を経由して、専門家に無料で相談できる制度があるのを知らない社長さんも多いので、是非活用して頂きたいと思っています。

一方で、「無料」ということから、真剣さが足りなくなりがちです。有料相談では少しでも役立てようとガツガツ質問があるのに比べ、受身の方が多いように思います。訪問する専門家も公的機関から支払われるフィーでは満足できなくて手を抜くケースもあったようで、足りない経営資源を気軽に補える一方、相互作用で品質が低下することも否定できません。

見習い時代、コンサルの飛び込み営業をさせて頂きましたが、やっと会ってくれた社長に「中小企業診断士の話なら聞かない」と言われた時のショックは大変なものでした。何しろ苦労した末に取った資格ですから、それなりに小さなプライドもあったのです。よくよく話を伺うと、無料派遣で来た専門家に偉そうに指示をされた上になんの成果も無かったとのこと。お互いの姿勢の問題で品質が低下したものと思いますが、これが1件や2件では済まなかったのが驚きでした。

無料とはいえ、専門家に「魔法の杖」的な働きを期待する方は多いのでしょう。だからこそ、不満も大きいのだと思います。双方に問題がある筈ですが、クライアントとしっかりコミュニケーションが取れていない点で専門家の姿勢に大きな問題があったと思っています。自分がお手伝いしたクライアントには「中小企業診断士なら是非話を聞きたい」と言ってもらえるように頑張りたいと思うのです。

|

« 資格オタクにならない | トップページ | 無料相談の功罪 その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537954/47616986

この記事へのトラックバック一覧です: 無料相談の功罪:

« 資格オタクにならない | トップページ | 無料相談の功罪 その2 »