« 無料相談の功罪 | トップページ | コンサルタントの報酬 »

2010年2月21日 (日)

無料相談の功罪 その2

小さな会社を支援し元気になってもらうことは、中小企業診断士として大切なミッションの一つです。僕自身は、もともとが「小さな会社」を応援したくてコンサルタントになったので、特に重要です。

中小企業診断士の資格取得に際しては、どちらかと言えば大企業で活用するような理論を学んで来ているので、商店街支援の現場などでは常に新しい学びの場が展開されます。

小さな会社を元気にするノウハウを身につけるつもりで、いくつかの企業を無料で支援してきましたが、ここにきて大きな問題がふたつ生じています。ひとつは、「自分自身が安くなること」で、提案の重みや自身のモチベーション低下の歯止めが最初から無い状態です。ふたつめは、「社長が遠慮してしまうこと」で、あるとき出した宿題が完了していないので、次の相談に来なくなってタイムリーなアドバイスが出来なくなります。

仕事量や時間、収支の問題は山積ですが、無料相談は続けるつもりでいます。何よりも大切なのは、「相談しやすく」「提案にも重みがある」自分になる努力を続けることだと思うのです。

|

« 無料相談の功罪 | トップページ | コンサルタントの報酬 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537954/47630316

この記事へのトラックバック一覧です: 無料相談の功罪 その2:

« 無料相談の功罪 | トップページ | コンサルタントの報酬 »