« 許すココロと許さないココロ | トップページ | NPOの経営を支援する »

2010年2月 9日 (火)

経営コンサルタントは魔法の杖ではない

今日の無料相談は、2件とも「資金調達」関連でした。ポリシーに反する依頼なので早めに切り上げたのですが、まだまだ経営コンサルタントを魔法の杖のように考えている方がいらっしゃることに驚きです。

「創業融資を受けるための事業計画書作成支援」をメニューに入れているので、「融資を受けるための事業計画書作成」を代行して貰えば必ず融資が受けられるという期待を持っていらっしゃるようです。

僕は、経営者自身が困難を乗り越える力を持って頂く為のお手伝いをするだけなので、基本的に「代行業務」はお引き受けしていません。そもそも無料相談の短い時間だけで代行できるほど甘いものではありませんし、大抵はイロイロな隠し事をなさっているのが伝わってくるのです。

「融資獲得」をメニューに入れてはいますが、僕自身は「融資」をお薦めしていません。結局は「借金」ですので、返せる目処が立っていなければ借りるべきではないのです。中小企業診断士としての役割はむしろ「返済できるように事業で利益を出す」お手伝いをすることだと思っています。

とはいえ、成果はクライアント自身の姿勢や頑張りにより代わりますので、「絶対」を保証できるものではありません。成果報酬で頑張っている先輩方が実績を積み上げておられるので、コンサルタントに任せれば何でも解決する「魔法の杖」のように感じられるのかも知れませんが、事業の主人公は経営者自身であり、「魔法の杖」があるとすれば、それは経営者自身の中にあると思うのです。

|

« 許すココロと許さないココロ | トップページ | NPOの経営を支援する »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 許すココロと許さないココロ | トップページ | NPOの経営を支援する »