« 実務補習終了後のバタバタ | トップページ | セミナーのアンケート結果に思う »

2010年2月17日 (水)

何故、経営コンサルタントをしているか

最近、自分がこの仕事を選んだ理由をもっと深く突き詰めていく必要があると思っています。

社長や創業者と向き合って話をしていると、自分自身の仕事にかける姿勢や想いというものを試される場面があります。本当に信頼して頂くためには、経営者と対等にお話が出来るくらい『命がけ』の道を歩いているかということが大切になるような気がします。

最初の師匠は、「経営コンサルタントは、経営者より何か一つでも圧倒的に優れたものを持っていなければならない」と教えてくれました。具体的な例もありましたが、やはり自分の『姿勢』が一番大切だと感じています。

もともと一つに熱中すると周りが見えなくなる性格でしたので、スケジュール配分のポカをすることがあります。サラリーマン時代はいかに周囲が助けてくれていたか、遅すぎる感謝ですね。しかし、プロである以上は基本品質を落としてはいけません。

自分のミスに追われてバタバタしながら、「何故、経営コンサルタントをしているか」という原点に対する『姿勢』が問われていると思うのです。

|

« 実務補習終了後のバタバタ | トップページ | セミナーのアンケート結果に思う »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537954/47595509

この記事へのトラックバック一覧です: 何故、経営コンサルタントをしているか:

« 実務補習終了後のバタバタ | トップページ | セミナーのアンケート結果に思う »