« NPOの経営を支援する | トップページ | 本当に融資が必要か »

2010年2月11日 (木)

理屈倒れの中小企業診断士

中小企業診断士の実務補習も自宅学習期間がそろそろ終了し、スパートする時期になってきました。実習生のメール交換が活発化してきていて、ホッとしています。

現場で応変に動ける中小企業診断士になって頂きたいので、どうしても押さえて欲しいポイント以外は全て実習生に任せる方針を採っています。方法は100万通りあるので、僅かばかりの手法をお伝えしたところで意味がありません。一方で、知識やノウハウだけが欲しい実習生の存在も無視できませんので、次期以降の課題になります。

コンサルタントの見習い修行中、さんざん飛び込み営業をやりました。中小企業診断士の資格もとり、意気揚々と訪問した先で何度も聞いたのが、「中小企業診断士なら話は聞かないよ」という冷たい言葉。過去に専門家派遣等で来た人が威張り散らしただけで何の成果も無かったそうです。資格を取得したばかりの僕にはかなりのショックでした。まさに論語読みの論語知らず、理屈倒れの中小企業診断士です。何か不快なものが込み上げてきた感覚は未だに忘れられません。

実習生のお世話役をしながら自戒を込めて、経営者の心にフォーカスできる支援者でありたいと思うのです。

|

« NPOの経営を支援する | トップページ | 本当に融資が必要か »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537954/47541095

この記事へのトラックバック一覧です: 理屈倒れの中小企業診断士:

« NPOの経営を支援する | トップページ | 本当に融資が必要か »