« 採用の苦労 | トップページ | 助成金を活用するのは後ろ向きか? »

2010年1月 6日 (水)

フォーカスする視点

中小企業診断士で構成するコンサルタントチームの分科会でお世話役をしています。

「人事・労務の視点から企業を元気する」ミッションを持った分科会で、これから取り組みを展開するに当っての方針などを打ち合わせたのですが、『どこに売り込むのか』というターゲット設定で、「成長企業」と決まりました。

「成長企業」の定義はこれから明確にしていきますが、中小企業診断士として『元気な会社を更に元気する』よりも『元気の無い会社を元気にする』ことを研究したい自分としては、やや釈然としない気持ちが残っていました。

メンバーの『成長企業を研究することで共通するノウハウが見つかる』という発言もあり、一応の納得はできましたが、『元気の無い会社を元気にする』という視点は大切にしたいと思うのです。

|

« 採用の苦労 | トップページ | 助成金を活用するのは後ろ向きか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537954/47224294

この記事へのトラックバック一覧です: フォーカスする視点:

« 採用の苦労 | トップページ | 助成金を活用するのは後ろ向きか? »