« 正しいから人が動くとは限らない | トップページ | クレーム対応の失敗例を見ました »

2010年1月22日 (金)

実務補習の時期が近づいてきました

中小企業診断士として中小企業診断士試験に合格した人の最終関門、実務補習の指導員を担当させていただいています。

大企業で働いてらっしゃる方が多いためか、現場との感覚が大きくズレていることがあります。小さな会社を支援してくれる仲間が増えるように、どのような体験をして頂ければ良いか、常に試行錯誤です。

しかし、現場を経験してもらっても独立して活動してくださる方は多くありません。企業内診断士が独立をためらう理由の一つに「仕事の確保」がありますが、実際に独立して活動してみれば食べていく程度の仕事を確保することは難しくありません。

前線で活躍する診断士(東川 仁さん加藤忠宏さん大塚 由紀子さん)の取材をさせて頂く機会があり、お話を伺っていると、まだまだ自分は努力が足りないと思うのです。

|

« 正しいから人が動くとは限らない | トップページ | クレーム対応の失敗例を見ました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537954/47365387

この記事へのトラックバック一覧です: 実務補習の時期が近づいてきました:

« 正しいから人が動くとは限らない | トップページ | クレーム対応の失敗例を見ました »