« 明けましておめでとうございます | トップページ | 打つ手は無限にある »

2010年1月 2日 (土)

近所への初詣に学ぶ

最近は混雑を避けて近所の寺に初詣に行くようにしています。

しかし、ここ数年でどんどん参拝者が増え、とうとう行列に並ばなければ参拝ができないようになりました。混雑を避けたい自分としては困りますが、参拝者を増やす努力が身を結んだと言えます。

寺社なのに、要望に応えて七五三を受け付けたり、新年にアルバイト巫女を置いておみくじをしたり、イベントを開催したりと、いわゆる時節のイベントとして求められていることをするなど、集客の向上に余念がありません。以前は、シャッター通りとなった商店街のように人気がなかったことを思えば、驚くべき光景です。

中小企業診断士として、集客に苦しむ商店街や新規に開業される方をお手伝いしていますが、『顧客が満足するサービスを提供する』というあたりまえの事が集客に結びつくのだと、改めて学んだ気がするのです。

|

« 明けましておめでとうございます | トップページ | 打つ手は無限にある »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537954/47188340

この記事へのトラックバック一覧です: 近所への初詣に学ぶ:

« 明けましておめでとうございます | トップページ | 打つ手は無限にある »