« 現場で見本の匙加減 | トップページ | 創業で大切な、KEH »

2010年1月10日 (日)

創業の心構え

中小企業診断士として、創業融資を受けるための事業計画書作成のお手伝いをしています。創業融資を受けるというところにアプローチしているので、最近は創業以外の融資に関する問い合わせも増えていますが、『融資を受けない』『無理なく利益で運営する』ことが大切だと思っています。

事業計画書作成の代行を依頼されることもあるのですが、最近は最初からキッパリとお断りしています。事業の主役はコンサルタントではなく創業者本人ですから、計画書は自らが作成しなければなりません。この大切な部分を人任せにしようとする時点で『創業の心構え』が不十分だと思うのです。

日頃の創業支援とドリームプランプレゼンテーションでの関わりを通じて感じるのは、やはり『夢』を持つ大切さです。『その事業をやるのは何故自分で無ければならないのか』『何が起きても諦めずに続ける原動力は何か』をしっかり見つめることが創業の第一歩です。

そして、『夢』を事業として展開していくための『そろばん勘定』を忘れてはいけません。そろばん勘定を日々の行動に落としていく上で、事業計画書が基本となるので、事業計画書の作成が大切なのです。

自分自身も含めて『夢とそろばん』を忘れてはいけないと思うのです。

|

« 現場で見本の匙加減 | トップページ | 創業で大切な、KEH »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537954/47257651

この記事へのトラックバック一覧です: 創業の心構え:

« 現場で見本の匙加減 | トップページ | 創業で大切な、KEH »