« 「できること」と「やりたいこと」 | トップページ | 実務補習8日前 »

2010年1月26日 (火)

中小企業診断士のコミュニケーションスキル

中小企業診断士として、研修講師の仕事をお引き受けしています。自分自身がコミュニケーションが苦手だった事もあって、コミュニケーションに関わるコンテンツが持ちネタに多いです。

中小企業診断士内のグループに所属していると、コミュニケーションスキルの差がかなりあります。とりまとめ役になったりすると実に面倒です。無料奉仕で手間がかかるので、どうしても気持ちが下がりがちなのですが、研修ネタに使えるので事例はしっかりメモしています。

今回も、あるグループのとりまとめでイロイロ起きています。普段お付き合いしている仲間からは信じられないのですが、とにかくレスポンスが悪い。完全に受身で、本人からのアプローチは無く、決定プロセスに意思表明せずに、決定後に文句を言う、なんて人もいます。これはコミュニケーションに割く時間の優先順位の差だと思うのですが、とりまとめ役をすると不公平感が大きく育ってくるのが我ながら情けなく感じています。ある先輩コンサルタントは「優先順位の低いメールにいちいち返信していたら時間が無くなるから止めろ」というアドバイスを下さいましたが、自分のメールを低優先順位で扱われてみると、やはり違うと感じます。

クライアントと接し、本音をお伺いする必要がある訳ですから、コミュニケーションスキルは常に磨いておかなければなりません。

経営コンサルタントであるからには、「相手に喜んで貰える」コミュニケーションの見本を見せなければならないと、自分自身を振り返り反省をしつつ思うのです。

|

« 「できること」と「やりたいこと」 | トップページ | 実務補習8日前 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537954/47398983

この記事へのトラックバック一覧です: 中小企業診断士のコミュニケーションスキル:

« 「できること」と「やりたいこと」 | トップページ | 実務補習8日前 »