« 創業で大切な、KEH | トップページ | 専門サービスへの対価 »

2010年1月12日 (火)

本当に「あらゆることをやり尽くした」のか

中小企業診断士として、経営者の課題を一緒に考えています。

社会情勢が悪くなっていることもあり、ともすれば後ろ向きになりがちです。とても頑張っている経営者からも「もう全てやり尽くして打てる手が無い」という発言が出てくるのですが、実は勘違いです。

行き詰った経営者の思いは否定できません。支援者として真摯に受け止めるべきですが、そのまま「やり尽くした」という考えに同調はしません。何のためにその事業を行っているか、理想の将来像は何か、「夢」や「志」にフォーカスして頂くと、「やり尽くした」というのは幾つもある選択肢の一つであることが見えてきます。

コンサルタントが出来ることなど大したことはありません。常に答はクライアントが持っています。だからこそ、支援者は常にクライアントの力を信じ続けなければいけないと思うのです。

|

« 創業で大切な、KEH | トップページ | 専門サービスへの対価 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537954/47273024

この記事へのトラックバック一覧です: 本当に「あらゆることをやり尽くした」のか:

« 創業で大切な、KEH | トップページ | 専門サービスへの対価 »