« 事業計画書の意義 | トップページ | 事業計画書は進化する »

2009年7月 2日 (木)

最初は実現可能性を考えない

中小企業診断士として、創業相談に対応しています。創業融資を受けるための事業計画作成では、実現可能性をかなり突っ込んでお話しするのですが、初期段階の検討ではむしろ実現可能性を考えないほうが良いです。

電話相談をしてきたある方は、自分でアイディアを話すたびに「これは難しいですね」と自分で可能性に蓋をしてしまっていました。「夢」や「目標」が明確に決まってしまえば、あとは様々な手段を考えるだけです。

アイディア発想の段階から実現可能性を考えるのは、実現可能性を低くする要因になるのです。

|

« 事業計画書の意義 | トップページ | 事業計画書は進化する »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます。
資金繰り安定化に関わるコンサル業務も順調なようで何よりです。また飲みにいきましょう。

投稿: 鈴木 | 2009年7月 3日 (金) 09:45

ご無沙汰しております。
中小企業診断士川原です。
ブログとHP拝見しました。
毎日コツコツと継続されていてすごいですね。
また見に来ます。
頑張ってください。

投稿: 中小企業診断士川原寿 | 2009年7月 3日 (金) 09:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537954/45521722

この記事へのトラックバック一覧です: 最初は実現可能性を考えない:

« 事業計画書の意義 | トップページ | 事業計画書は進化する »