« 自分で考えない人 | トップページ | 原点を確認するということ(2) »

2009年6月 6日 (土)

原点を確認するということ

中小企業診断士として、創業融資を受けるための事業計画書作成の支援をしています。いつも、「なぜその事業をやろうと思ったのか」「壁があっても続けられる理由は何か」という点について確認させて頂いています。

お話をしていると融資を受ける、事業を立ち上げる、それだけに集中しがちです。しかし、自分が困難にあったとき、続けられる理由を考えておくことはとても大切なのです。事業運営をしていれば、必ずトラブルや問題、壁が発生します。皆さん、優れた能力をお持ちなので、乗り越えられる筈なのですが、続けられる理由をもっていない人ほど早く諦めてしまうのです。曰く、「融資が受けられないから事業をやめる」。

事業を始めるのは、その事業から何かを得ようとしているからですね。「何を」得ようとしているのか、その事業を選択したのはなぜか、『原点』を常に確認することが、事業を推進するエネルギーになります。その意味で、多くの人が2~3行で済ませてしまう『創業の動機』欄はとても重要なのです。

|

« 自分で考えない人 | トップページ | 原点を確認するということ(2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537954/45258092

この記事へのトラックバック一覧です: 原点を確認するということ:

« 自分で考えない人 | トップページ | 原点を確認するということ(2) »