« 原点を確認するということ | トップページ | 最初から言い訳を用意した質問 »

2009年6月 7日 (日)

原点を確認するということ(2)

中小企業診断士として、創業融資を受ける為の事業計画書作成を支援しています。時々、その事業をやるに見合った職務経歴や経験がないと嘆く人がいますが、そんな時こそ原点を確認するチャンスです。

なぜ自分がその事業をやろうと思ったのか、改めて振り返ってみましょう。自分がお金と時間を注いできたものはなにか考えてみましょう。徹底的に考えると、原点になるものが見えてきます。

ある飲食フランチャイズに加盟しようとした人は、業種も異なるサラリーマン。そのフランチャイズが大好きで外食は殆どその店で取っていました。そのお店が好きで加盟するのは成功要因の一つですので、悪くはありません。ところが、掘り下げていくうちに、本当にやりたいことが別にあることが分かり、転職をしてサラリーマンを続ける事にしました。

事業をはじめてから後悔しないために、原点を確認しておくことは大切ですね。

|

« 原点を確認するということ | トップページ | 最初から言い訳を用意した質問 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537954/45266365

この記事へのトラックバック一覧です: 原点を確認するということ(2):

« 原点を確認するということ | トップページ | 最初から言い訳を用意した質問 »