« 自治体の創業支援施策を知ろう | トップページ | 事業計画書の意義 »

2009年6月29日 (月)

立地選定の落とし穴

中小企業診断士として、経営相談に対応しています。苦労人の店長さんとの打合せの中で、創業時に見落としがちなポイントについて話がでたので、ここに書いておきたいと思います。

店長さんは、商店街の一角にある店舗に出店するにあたって、様々な商店街も視野にいれて、通行量の確認も行ないました。朝・昼・夜と圧倒的に通行量の多かったある店舗に決めたのですが、開店後に大きな問題に直面しました。

「通行量は多いけど、毎日同じ人ばかりが通る!!」。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

これでは、一度買った人が次に来店するまでの間、売上が伸びないことになります。この店では、安定した客数を掴むまで、2年の期間を要したそうです。

単純に通行量だけで判断すると、こんな落とし穴が待ち構えていることもあります。その通りの店にそれとなく尋ねてみるなどで調査を補完しておくことが大切ですね。

|

« 自治体の創業支援施策を知ろう | トップページ | 事業計画書の意義 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537954/45494223

この記事へのトラックバック一覧です: 立地選定の落とし穴:

« 自治体の創業支援施策を知ろう | トップページ | 事業計画書の意義 »