« イメージで踊らされない姿勢 | トップページ | お手軽に融資を考えない »

2009年5月 4日 (月)

夢を語る大切さ

中小企業診断士として、創業融資を受けるための事業計画書作成をお手伝いしています。

日本政策金融公庫など公的機関で提示されている事業計画書の最初には「創業(起業)の動機」という欄があります。ここが明確になっている方とそうでない方では、その後の計画書の精度が大きく変わってきます。

昨年、中野区のコラムでも書いたのですが、事業に伴う自分の夢を明確にイメージすることで事業計画書を具体的に作りこむ土台が出来ます。

「協力者がいない」とお嘆きの方ほど、夢の描き方が曖昧で、事業アイディアを盗まれることを恐れて周囲に話をしていなかったりします。協力者を集めるためにも積極的に「夢」を語ることは大切ですし、他人に話すことでよりイメージが明確になったりするのです。

これから創業する予定の方は、ぜひ周囲に「夢」を熱く語って頂きたいと思います。

|

« イメージで踊らされない姿勢 | トップページ | お手軽に融資を考えない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537954/44899843

この記事へのトラックバック一覧です: 夢を語る大切さ:

« イメージで踊らされない姿勢 | トップページ | お手軽に融資を考えない »