« 地域とのコミュニケーション | トップページ | クレームへの対応 »

2009年5月25日 (月)

お奨めメニューが紹介できるか

中小企業診断士の勉強を始めた頃から、外食のときにお店のスタッフにいろいろ質問をするようになりました。「お店のコンセプトは何ですか」などと今思えば恥ずかしい質問を良くしたものです。

今は、お奨めメニューとか食材の質問をするようにしていますが、顧客視点で朗らかに回答できるスタッフが揃っているお店には残念ながらあまり出会いません。逆を言えば、それだけでも接客レベルが大きく変わるということです。仮にお店として推奨メニューが無くても、スタッフの好みでも話が出来ればお客様とのコミュニケーションの質が向上します。そのようなスタッフを育てることは小さなお店が勝ち残る大きなポイントになりますね。

僕が学生時代にアルバイトをしたお店のチーフが厳しい人で、店のお客としてお店のメニューを味わうことが必須でした。今、振り返ると素晴らしいスタッフ教育だったと思えます。スタッフに顧客視点を養うことを検討してみましょう。顧客視点を持ったスタッフであれば、お奨めメニューの紹介など簡単にクリアできますね。

|

« 地域とのコミュニケーション | トップページ | クレームへの対応 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537954/45131759

この記事へのトラックバック一覧です: お奨めメニューが紹介できるか:

« 地域とのコミュニケーション | トップページ | クレームへの対応 »