« アイディアは四方八方から検証しよう | トップページ | 経歴を作る »

2009年5月20日 (水)

助成金を申請するときの姿勢

中小企業診断士として、事業計画書の作成アドバイスをさせて頂いています。助成金を申請する際の書類など拝見する機会も多いのですが、「助成を受けられればラッキー」という気軽な感覚で申し込まれる方には少しキツメにお話をします。

そもそも何のためにその助成金が用意されているか、そのことをもう一度考えて頂きたいと思います。助成金は、その対象となる事業に「本気」で取り組む人の頑張りに対して、後から支払われるものです。事業計画も「本気」で作成して欲しいですね。

助成金を目的にするのではなく、事業そのものの目的をもう一度振り返って欲しいと思います。助成金の申請は、国や自治体に『事業の協力者・共感者』になってもらう為のプレゼンテーションと位置づけると良いですね。

|

« アイディアは四方八方から検証しよう | トップページ | 経歴を作る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537954/45077595

この記事へのトラックバック一覧です: 助成金を申請するときの姿勢:

« アイディアは四方八方から検証しよう | トップページ | 経歴を作る »