« 経歴を作る | トップページ | 地域とのコミュニケーション »

2009年5月22日 (金)

融資に頼らない姿勢

中小企業診断士として、創業相談に対応しています。創業融資を受けるための事業計画書作成支援を業務の一つにしていながら矛盾しているようですが、創業時に融資に頼らない姿勢が大切だと思っています。

運転資金や設備資金の余裕が出来ますし、事業を加速するためにも有効なので、融資を受けること事体は悪いことではありません。しかし、「融資=借金」ですから、必ず利息も含めて返していかなければならないのを忘れてはいけないのです。緊急融資の認定を受けながら、融資を断られた人の相談に乗っていると、「融資が受けられないと事業が続けられない」という方が多いです。しかし、融資を受けることで返済すべき借金が増えることにもなるのです。

私募債などの直接金融という道もあれば、リスケなど返済負担を減らしていく道もあります。何よりも、「事業そのもので利益を上げていく」ことに力を注がなければなりません。融資を受ければ一安心、ということではなく、将来を見据えた事業計画が大切ですね。

公的な融資制度は大いに活用して頂きたいと思いますが、そのためにも「融資に頼らない姿勢」が大切です。商工会議所のエキスパート派遣や役所の相談窓口など、無料で専門家を活用できる仕組みもありますから、徹底的に使い倒して欲しいですね。

|

« 経歴を作る | トップページ | 地域とのコミュニケーション »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537954/45096464

この記事へのトラックバック一覧です: 融資に頼らない姿勢:

« 経歴を作る | トップページ | 地域とのコミュニケーション »